トップ > 日本食生活協会について: 会長あいさつ

会長あいさつ

会長 田中 久美子

このたび一般財団法人日本食生活協会会長に就任いたしました。

当協会が誕生したのは、終戦から10年を経た昭和30年、敗戦後の食糧不足はまだ続いており、「日本人の健康、食生活改善の問題は緊急を要し、かつ重大な意義を持つもの」として大蔵大臣をされた賀屋興宣氏(初代会長)と南喜一氏(初代副会長)を中心に経済界の強い支援をうけて厚生省(現厚生労働省)の施策に対する協力団体として設立しました。当時の平均寿命は男性63.60歳、女性67.75歳でありました。
翌昭和31年より栄養指導車(キッチンカー)を建造して全国で巡回指導を開始、バランスのとれた食生活について啓発を行いました。
この活動を通して食生活改善には地域ぐるみの活動が必要と認識され、ボランティア活動をする熱意のある婦人(食生活改善推進員の前身)を集め、「お隣さん、お向かいさん」活動を原点に全国に拡大していきました。昭和45年には全国の食生活改善推進員は組織化され、現在では市町村の養成講座を受講した者が「私達の健康は私達の手で」をスローガンにボランティア活動に取り組み、その活動の活性化に日本食生活協会の柱を置き全国食生活改善推進員協議会の事務局として今日に至っております。

今日では飽食の時代となり、日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳(2019年)に延び「人生100歳時代」といわれるようになりました。国民のライフスタイルや食生活、これらを取り巻く社会環境も大きく変わる中で、先人たちが全身全霊をかけて常に5年先、10年先を見据えながら、全ての国民が健康であることを願い活動を続けてきたことは現在の食習慣の形成と健康づくりに大きく貢献してきたと改めて実感しております。
現在、国が掲げる「健康日本21(第2次)」の最大の目標である「健康寿命の延伸」と「健康格差の縮小」を目指し、世代別に取り組む生活習慣病予防事業を展開しています。世代を「若者」「働き」「高齢者」の3つに分け、特に「高齢世代」では今後の超高齢社会を見据え、第3の居場所『シニアカフェ』を拡大し、低栄養やフレイル予防を伝えながら「ひとりにしない」「ひとりにさせない」閉じこもりの解消に努めています。
また、平成17年に「食育基本法」が施行され、翌18年に決定された「食育推進基本計画」においては食生活改善推進員をはじめとするボランティア活動の推進が食育の推進に関する重要な施策の一つとして位置づけられました。ボランティアという言葉が一般的でなかった時代から「食べることは生きること」であると進めてきた我々の活動が認められ、改めて食文化の担い手の中心として、食文化の継承を図るとともに、さらなる郷土料理の活性化を目的に当協会では「郷土料理スペシャリスト」の資格認定制度を立ち上げ、現在128名が地域で活動しています。

今後、昨今の感染症防止対策に国民の健康への意識が高まっている中、集まることが困難な状況下において、お隣さん、お向かいさん活動を進めてきた食生活改善推進員の役割はますます重要になっていくことでしょう。食生活改善推進員の一人ひとりの力はささやかですが、組織力と実践力を生かし、昭和・平成と繋いできた志を大切に国民の健康づくり活動を続けて参りたいと思っています。

令和2年7月
一般財団法人 日本食生活協会
会長 田中 久美子

ページの先頭に戻る