トップ > 世代別の食育: 子どもの食育 > 薄皮椿もち

子どもの食育

薄皮椿もち

デザート

調理時間:20分

薄皮椿もち

手軽に作れる和菓子です。

材料(4人分)

白玉粉
60g
小麦粉
20g
砂糖
大さじ1/2
牛乳
40ml
食紅
少量
市販のあん
60g
スキムミルク
大さじ2
大さじ1強
椿の葉
適宜

作り方

  • ボウルに白玉粉と水を入れてこねる。白玉粉の粒々がなくなったら、牛乳、小麦粉、砂糖を加えて混ぜ、食紅でピンク色に染める。
  • ホットプレートを140~160℃に熱し、①の生地を楕円形になるように流し込む。表面が乾いたら裏返して焦げ目がつかないように焼く。
  • あんに水または熱湯で溶かしたスキムミルクを混ぜる。4等分にし、俵型にする。
  • ③のあんを②の生地で包み、椿の葉をあしらう。

1人分栄養量

エネルギー162kcal、たんぱく質5.70g、脂質1.4g、塩分0.1g

POINT

椿もちは平安時代から食べられている歴史のある餅菓子です。あんは、粒あん、抹茶あんなどお好みで作ってもよいでしょう。

ページの先頭に戻る